トップイメージ
トップ映像オグラ詩

過去の日記

ライン


2016年


2015年


2014年


2013年


2012年


2011年


2010年


Oil in Life 
Oil in Life  
Oil in Life
 

2010.12.25
第5回

昨夜は津田大介さんと宍戸留美ちゃんの番組『Oil in Life』クリスマススペシャルに出演。

僕のアンプトラブルもあり随分おしてしまった。結局、手廻しオルガンは本体からの音をマイクでひろったので、迫力にかけたかも。ギターの音もどうだったのかとても気になる。

それにしても、生中継なんて初めての体験。現場の緊張感が新鮮だった。

見てる人にはわからないけど、スタジオの床には大量のケーブルが所狭しとはりめぐらされている。ケーブルを片付けたらスタジオがなくなっちゃうんじゃないかと思うぐらい。

ホントに苦手なトークコーナー。無口になってはいけないと果敢に喋ったが、「女は種火を消さない」話をして、人々を困惑させてしまった。

番組終了後、軽く打ち上げして、その後ひとりでウィスキーバーへ。

家に着いたら、いつのまにかギターがなかった…。

津田大介さん、留美ちゃん、真珠子さん、JUNさん、スタッフのみなさん、お疲れさま&ありがとうございました。

末筆失礼








☆お知らせ☆ 

オグラがユーストリーム生中継にゲスト出演します。(ライブあり)

宍戸留美x津田大介『Oil in Life』クリスマススペシャル

12月24日 夜9時〜11時

★クリスマスイブの『Oil in Life』特別版。豪華で楽しいゲストをお招きし、アートでアカデミックでスペシャルな夜のひと時をお届けします。

ゲスト・ オグラ(インチキ手廻しオルガンミュージシャン)・ 真珠子さん。

http://www.ustream.tv/channel/junstv#events







第4回 12/17ライブ『ギンガギンガvol.5』終了-1 
第4回 12/17ライブ『ギンガギンガvol.5』終了-2  
第4回 12/17ライブ『ギンガギンガvol.5』終了-3
 

2010.12.21
第4回
12/17ライブ『ギンガギンガvol.5』終了。

ご来場のみなさん、ありがとうございました。

ジュンマキ堂(ちんどん太鼓隊)との相性もバッチリ。また是非一緒にやりたいと思いました。

最後の全員セッションで中途半端になってしまったMCのつづき。

演奏する人、見てる人、お店の人、スタッフの人。人は誰でも自分のテンポを持っている。普段はバラバラに生きているけど、それぞれのテンポがピタっとあう瞬間がある。これが音楽の持つスゴく面白いところ。

と言いたかったのでした。

ありがとう!また来年。

末筆失礼







第3回 ケータイ写真詩『空飛ぶ自転車』  

2010.12.10
第3回 ケータイ写真詩『空飛ぶ自転車』


レジ袋に風をいっぱいためて

自転車が飛び上がろうとしている

私を引っ張り上げてくれ

人や荷物を乗せて走るのはもう、うんざり

はっきり言って 重荷なのだ

下界を見おろしながら

青い空を飛行して

どこまでもどこまでも行ってみたい

しかし、

そんな袋では無理…

自転車は自分の重さに気づいていない

進まなければ 立っていられない

自分の運命に気づいていない

運命?

役割ではないのか?

役割?

特徴ではないのか?

進まなければ 自立できない

では、やっぱり

走るか







第2回『究極のゴールの話』  

2010.11.07.
第2回『究極のゴールの話』

夜中、ふと目覚めてトイレに立つ時『ああ、この世に自分のトイレなんてものは存在してないんだなあ…』としみじみ思う。と同時に、底知れぬ不安がおそってくる。

僕はずっとヒモのような生活をしてきた。音楽はほとんど金にならず、かといってまともに働きもせず。今、住んでいるとこも妻のものだ。この先いったいどーなるんだろう。年金も払ってないし、もうとりかえしがつかない。あ〜あ…。

しかし、人からは、男として究極のゴールを達成しているともいわれる。たいして働かず女に食わしてもらい、自分のことばかりして遊んでいるからだそうな。ホモルーデンスでんす。

なるほど、いわれてみれば確かにそうだ。音楽はダメでも究極のゴールは達成しているのかも…。オッケー!じゃあ、こんな感じでいくか〜。と酒のんでヘラヘラしていると夜中に底知れぬ不安。そのまま自分もトイレに流され、深い深い闇へ落ちて行く。

僕は今まで何をやってきたんだろう。金にならない音楽を作りつづけ、女に甘え、悪態をつき、グチり、それでも自分のスタイルは変えず、結構、いい曲作ってるじゃないかと開き直り、酒に逃げる日々…ああ、進歩のない自意識とバランスのない完成。

思えば20代の頃からそうだった。一緒に暮らしていた彼女に苦労ばかりかけていた。酒場で自分の音楽感や夢を熱っぽく語るはいいが、呑みすぎて泥酔。翌日、目をさますともう昼すぎ。彼女はとっくに仕事へ出かけている。偉そうなこといいながら、完全になまけてるヒモ野郎。

二日酔いと自己嫌悪で気分は最悪。『ごめんなさい、明日からもっとがんばります!』…と寝ていると、玄関の外から『ソシャッ、ソシャッ』と音がする。
アパートのふた部屋となりのおばあさんが、毎日外廊下を掃いているのだ。掃きながらこちらへ近づいてくる。『ソシャッ、ソシャッ…。』僕は罪悪感にさいなまれ、毛布をかぶり耳をふさぐ。しかし、その音はさまざまなノイズを越え、すぐ耳もとで鳴るのだった。

やがて『ソシャッ、ソシャッ』が『お前はなにをやっているんだ?』という声に聞こえてくる。『お前はなにをやっているんだ?、なにを…、なにを…』。ぎゃ〜っ!!ご、ごめんなさい、明日からもっとがんばります!…じゃなくて、たった今からでした!

たまらず、外へ飛び出る。

はあ、怖かった。まったく俺ってやつはどーしょーもないよ。で、とにかく、どーしよう?とりあえず地道な仕事を見つけて…と歩いていると行きつけのマンガ喫茶(ネットカフェではなく)がある。とにかくいったん落ち着こう。こういうことは無計画ではいけない。じっくりと現実を見据えてから作戦を練らなければ。

カランコロン〜♪とドアを開け、ホットミルクを注文。適当にマンガを一冊とり、読み出す。すぐに引き込まれマンガの世界へと入っていく。わ、おもしろい。な、なんだこれは?スゲー話。え?、うわ〜あああ。

適当に手にとったのはつげ義春・著『別離』。売れないヒモの漫画家が、恋人に浮気され、発作的に自殺未遂をはかるといった内容。

偶然にしても出来すぎている。ああ鶴亀鶴亀。一刻も早くここから逃げなくては。しかし、体中の力は抜け落ち、貧血も手伝って、そのままイスから立ち上がることが出来なくなってしまった。

生まれて初めての過呼吸であった。どこまでも甘えたゴール達成の男。…それから20数年、まだ強情に音楽を作りつづけています。

末筆失礼








 

2010.11.06.
★11/3 風知空知のライブ模様、しばらくの間ここで見られます。

出演順:小野一穂/オグラ(56分40秒頃〜)/KETTLE

http://www.ustream.tv/recorded/10611810







第1回『オフィシャルHPできました。の話』  

2010.10.26.
第1回『オフィシャルHPできました。の話』

どうもこんにちは。

長いことお世話になったリリー・フランキーさんHPでのレギュラー連載「オグラのヒミツ」が終了しましたので、こちらで続けていこうと思います。

新生「オグラのヒミツ」を今後ともヨロシクどうぞ。

末筆失礼


ライン